コーチングを通じあなたの前向きな経営を応援します!

No.57「教えない」の前向き経営

No.57「教えない」の前向き経営

こんにちは、前向き経営コーチの原です。

今週は「教えない」の前向き経営の
お話をさせていただきます。

先週の日曜日「全力教室」というテレビ番組で、
「教えない授業のカリスマ塾講師宮本算数教室」
という番組をやっていました。

講師役の宮本哲也先生の算数教室は、
1学年20人で、授業は土日のみ、
選抜試験はなく無試験で入れ、
生徒の80%近くが開成中学や麻布中学などの
難関校に進学するそうです。

そんな塾の教育方針は、
「教えない」こと。

小学3年生は数字のパズルしかやりません。
誰か一人が出来たら終わり。
あとの子は自分で答えを考えます。

小学4年生では2時間半休憩なしで授業をやり、
テキストはなく

生徒は先生が板書した問題を必死に書き写し、
ひたすら解くそうです。

その内容は中学入試レベルですが、
教えることは一切しないとのこと。

なぜこの教育方針なのかというと、
簡単な問題をいくら解いても
賢くなるわけではないといいます。

また、説明を手取り足取り丁寧にしても、
有能にはならないとのこと。

何も教えなければ、自分が今持っているもので
闘うしかありません。

今持っているものだけでどう勝負するかを、
考えさせるそうです。

これは、大人の世界にも通じることですね。

世の中に出ると、
簡単に解決できることはないというぐらい、
色々な問題が山積しています。

そして、誰かがその答えを与えてくれるのを待っていても、
誰も教えてはくれません。

問題は個別的で複雑であり、
また世の中は自分で解決しようとしない人に
教えるほど甘くはないからです。

常に100%の条件が与えられてその中で
解決していけることはまずないでしょう。

時間やお金、スキルなどの条件が限られた中で、
今自分の持っているものを最大限に活かし、
解決策を考えていくということは、
非常に重要なことです。

また、やる気のない子をいかにやる気にさせるかについて、
「すべての子供はやる気に満ち溢れている」といいます。

子どもは生まれた時から、
常に何かを吸収しようと必死に外部に目を凝らしていて、
学習は「本能」だからです。

子どもがやる気をなくすのは、
主に親に原因があるとのこと。

そんな親が口にする2つの言葉が、
「頑張って!」と「大丈夫?」だそうです。

「頑張って!」というのは、
現状の努力を否定し、

「頑張っていない」ということを
暗に言っているとのこと。

こういうときは、
「頑張ってるね」と言ってあげると、

本人も認められていることを意識し、
もっと頑張るようになるそうです。

私もよく口癖のように、
クライアントに「頑張ってください!」と言っていますが、
反省しなければいけませんね(^_^;)

また、「大丈夫?」は、
相手を信用していないことの裏返しとのこと。

こういう場合は、
「大丈夫だよ」と言って
100%現状を肯定してあげるといいそうです。

自己肯定感を高めてあげるということですね。

更に、子供にとって
「やりたい事の邪魔をする」のも良くないとのこと。

子どもが何かに没頭しているときは、
それが何であれ
「生命力を磨いている時間」
だからです。

これは心理学でいうFlowの状態ですね。
時の経つのも忘れひとつのことに没頭して
集中している状態のことです。

この状態の時に人は自分の強みを
活かしていることが多いと言われています。

子どもの時からこの集中力を高めることが出来れば、
その後の人生どんなに幸せになるかわかりません。

そして最後に宮本先生は、
人は「何のために勉強するか」
についてこう語っています。

それは、
「自分の幸福の追求のため」

「自分の幸福」とは「自分らしく生きること」

「自分らしく生きる」ということは、
簡単には見つかりません。

色々な経験をして、
消去法で消していったときに、
「最後に一つ残ったもの」がそれです。

しかしその「最後に一つ残ったもの」を
実現するのは大変なこと。

だけど「自分らしく生きて行ける」と、
その大変なことが「楽しく」なってきます。

「この先どんな新しい自分に会えるのだろう」
「挫折の先にはどんなすばらしい世界が広がっているのだろう」と
ポジティブに考えることが大切とのことです。

「勉強の目的」をこんなふうに解釈できる先生であれば、
教えられる子供たちも幸せでしょう。

世の中に出れば毎日が勉強の連続です。
その勉強にテキストはありません。

自分で問題を考えテキストを作り、
解決策を考えていかなければならないのです。

そしてその目的は、
「自分らしく生きるため」

そのために、
子どもたちやそして大人たちにも
自分のための勉強をしてもらいたいですね。



毎週月曜更新!
来週もお楽しみに。

お試しコーチング (電話・スカイプ)

 
 「気持ちを前向きに持っていきたい」というあなた。

 一度コーチングを試してみてはいかがでしょうか。
 

 「一度話をしてみてから決めたい」というご要望にお応えし、
 無料の「お試しコーチング」(電話・スカイプ)をご用意いたしました。

 創業希望者や経営者以外の方でもOKです。

 初回(50分) 無料
 (継続される場合は、1回目にカウントさせていただきます。)

 お申込みは こちら から


☆このブログを読みたい方へ
メルマガにご登録いただくと、毎週月曜日このブログの記事が配信されます。
お申込みはこちらから→メルマガ


にほんブログ村 経営ブログ コーチへ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【前向き経営コーチング】
フォワード・グッド 代表 原 賢治
中小企業診断士、GCS認定コーチ
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町5-80-306
Tel:046-874-4381 Fax:045-633-5216
mailto: info@forward-good.com
HP:http://forward-good.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント


認証コード4621

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional